石田純一の会見は野党共闘を呼びかけるのが真意?!妻と芸能界の反応は?

ph01-ca7ba

Junichi Ishida

党統一候補という条件付きで都知事選に立候補を表明したのは
だれもが思い起こす「不倫は文化」のプレイボーイ俳優
石田純一さん! 都内で記者会見を行いました。その真意は??
妻・東尾理子さんは支えられませんと反対中!
小さな子供たちを養うお父さん、芸能界に未練は?どうなる?


SPONSORED Link




 



 

 



 

 


SPONSORED Link





京都知事選に出馬表明した石田純一さん。
改めて写真を見てみると、62歳。けっこう政治家っぽい雰囲気もしないでもないような….

レンディ俳優として一世を風靡した石田。マスコミから不倫交際を非難されたことで、順風満帆の人生が暗転する。自身の発言がもとで「不倫は文化」というフレーズが連日報じられ、仕事は激減。収入もゼロになり、引っ越し費用を工面できなくなるほど、生活は困窮した。

 

い先日、バラエティ番組で
20年前の不倫騒動の際に「不倫は文化」と見出しをつけたスポーツ紙の記者と対面し、

「お礼を言いたかったんですよ」と予想外の感謝の言葉を口にし、「あの時はやられましたけど、”石田純一=不倫は文化”となった。いわゆるアイデンティティというかキャラクターを決定付けた」とコメント。あのまま年老いてさえない元トレンディ俳優になるのではなく「波乱万丈で素敵な人生になった」と言い、「ありがとうございました」と感謝した。

という記事を読んだばかり。
参戦とは驚きました。

 

「地域に “愛”、子供たちに “夢” をという平和で安心できる暮らしを強力に実現して…」

 

ロゴルファーの奥さま東尾理子さんと赤ちゃんの画像は→こちら

「わたしはできれば出馬してほしくないなとは思っています」と反対を表明してます。
デモ参加だけでも仕事が減って心配しているようで、家族会議まだしてないのに会見!!

 

62歳の石田さん、結局お子さんが何人いるのか混乱しちゃいますが、
今年3月に第2子となる娘・青葉ちゃんが誕生したばかりです。

 

「まだ出馬するかしないかも分からない段階で、テレビ局が(自主的)判断でCMをAC(公共広告機構)のものに差し替えている。その損害もこちらに降りかかってきました」と落胆を隠せなかった。」

だいじょうぶなのーーーー?!

 

「憲法というのは国民を縛るものではなく、権力者を縛る。それを(自民党の憲法改正草案は)国民を縛るように変えていっている。(中略)笑われ、バカにされ、生活も厳しくなるかもしれないが、立ち上がったほうがいいと思った」

61834

「批判のあるところですが、橋下さん(徹元大阪市長)も政治経験がなくても活躍された。政治のプロがやったらすべてOKというわけではなくて、今回は実務経験のある方が擁立される動きがありますけど、新しい風が吹いても良いと思います」

 

保法制反対のデモに参加したり、
オフィシャルブログでは函館少年刑務所への訪問や、
シンポジウムのパネルディスカッションに参加したりといった様子が掲載されています。

今回の出馬も市民団体からの要請があってのことだとか。

石田純一さんのブログは→こちら
その名も「No socks J life」

 

「野党統一候補であるならば、ぜひ出させていただきたい」と出馬に意欲を示したが、同時に「野党統一候補がほかの方に決まったら、もちろん喜んで応援させていただきたい」「(統一候補が)割れちゃった場合は自分が降りて、力を結集したほうがいい」と語り、あくまで野党共闘が第一優先だとした。

 

参院選を目前にして「憲法改正というものを争点にして戦う」はずの自民党が
そのことについてアピールしないイヤラシサを
メディアを使って自ら発信、命がけです。

キャラとのギャップ!なんとも捨て身すぎる!!

 

国会前の安保法制反対デモでのスピーチでも、「戦争は文化ではありません!」と自身の過去の“失言”である「不倫は文化」をもじったり、さらにはジャケットの上からセーターを肩がけするという珍妙なファッションでカメラの前に立った。そう、バブル期のトレンディ俳優時代、石田が流行らせた“プロデューサー巻き”を、わざわざ仕込んできたのである。

 

Next  > > >

SPONSORED Link

きっと気になる関連記事

コメントを残す